書評誌『本のひろば』

2020.1 JANUARY

2020.1 JANUARY

『本のひろば』は、毎月、キリスト教新刊書の批評と紹介を掲載しております。本購入の参考としてください。

2020年1月号

  • ●出会い・本・人
    聴き上手になりたい
    (エッセイ:野村稔)
  • ●特集「キリスト教文学」を学び直すには
    この三冊!
    柴崎聰
  • ●本・批評と紹介
    『詩編を読もう 下』
    広田叔弘著、日本キリスト教団出版局―(松本敏之)
  • 『遠藤周作と井上洋治』
    山根道公著、日本キリスト教団出版局―(木崎さと子)
  • 『今さら聞けない⁉ キリスト教』
    菊地伸二著、教文館―(近藤剛)
  • 『労働者の司教ケテラーとその時代』
    桜井健吾著、教文館―(梅津順一)
  • 『組織神学第1巻』
    W.パネンベルク著、新教出版社―(芦名定道)
  • 『ハイデルベルク信仰問答との対話』
    G・プラスガー著、教文館―(小堀康彦)
  • 『礼拝改革試論』
    越川弘英編著、キリスト新聞社―(浦上充)
  • 『愛の余韻』
    榎本てる子著、いのちのことば社―(ロブ・ウイットマー)
  • 『どん底から見える希望の光』
    佐々木炎著、キリスト新聞社―(木原活信)
全文書はこちらから